坂道シリーズまとめ

乃木坂46、欅坂46、日向坂46について書いていきます。

    坂道シリーズについて書いていきます!

    タグ:日向坂


    2020.07.02[木]19:00~
    日本テレビ「THE突破ファイル」
    齊藤京子

    山下美月との共演も気になるところですが、ぶりっ子全開でやってほしい気持ちが強いです。!
    がんばれきょんこ‼


    【『日向坂46』齊藤京子の出演情報!】の続きを読む



    (出典 girlswalker.com)


    再放送ですが、これから日向ちゃんたちを毎週見られるなんて最高だ!
    副音声も楽しみですね。

    1 名無しさんにズームイン! :2020/07/01(水) 05:20:49 ID:EfJu6HjS.net

    佐田ゆりあ(小坂菜緒)・・・ マロニエ女学院2年生
    篠原沙織(渡邉美穂)・・・ マロニエ女学院2年生
    小笠原真琴(齊藤京子)・・・ マロニエ女学院3年生
    高頭せれな(加藤史帆)・・・ マロニエ女学院3年生
    岡田いちご(佐々木美玲)・・・ マロニエ女学院2年生
    立花ゆりこ(佐々木久美)・・・ マロニエ女学院2年生
    畑屋菜々緒(富田鈴花)・・・ マロニエ女学院2年生
    荻原みき(潮紗理菜)・・・ マロニエ女学院3年生
    春澤くるみ(丹生明里)・・・ マロニエ女学院3年生
    ぐいのみ(東村芽依)・・・ FACTORYのメンバー
    おちょこ(松田好花)・・・ FACTORYのリーダー
    トックリン(河田陽菜)・・・ FACTORYのメンバー
    古岡五月(金村美玖)・・・ マロニエ女学院1年生
    マホぽよ(高本彩花)・・・ キャンティーン専属トップモデル
    直島正子(宮田愛萌)・・・ マロニエ女学院2年生
    キラリ(高瀬愛奈)・・・ FACTORYファン   とろろ(井口眞緒)・・・ グラビアアイドル 他

    副音声では、毎回ドラマ出演メンバーの振り返りトークが楽しめます。初回は佐々木久美、小坂菜緒が登場!


    【『日向坂ドラマ』DASADA〜未来へのカウントダウン〜#01「出会い」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)


    オルンガ選手を選ぶ辺りは普通だが、あとの選手はちゃんと見ていないとわからないな。
    サッカーと一緒に影ちゃんも応援します!

    1 れいおφ ★ :2020/06/26(金) 14:11:55.67

    いよいよ明日からJリーグが再開(J3開幕)します。
    熱烈なサッカー愛の持ち主で人気アイドルグループ日向坂46の影山優佳(19)のインタビュー第2回では、
    自身の選ぶ「推し選手」を発表してもらいました。

    影山優佳です。今回は私のJリーグの推し選手ベスト3を発表させていただきます! 

    第3位は柏のFWオルンガ選手(26)です。
    昨季はJ2最終節で1試合8得点のJリーグ新記録もつくった怪物ぶりが今年も見られるんじゃないかなと思います。
    今季昇格したJ1でも得点王争いに入ってくることを期待しています。

    第2位は広島のMF東俊希選手(19)です。
    東京五輪世代のU-23日本代表にも選ばれていて、技術とパワーを兼ね備えています。
    サイドバックやウイングバックなど、いろんなポジションでプレーできる器用さもある、すごく貴重な選手です。
    18年U-19アジア選手権の準々決勝でホスト国のインドネシアを相手に決めた、きれいなミドルシュートはぜひ見てほしいゴールですね。

    そして第1位は横浜のDF和田拓也選手(29)です!
    私はサッカーをやっていた頃は主にサイドやボランチの選手でしたが、和田選手も似たポジションで、
    対人守備や、カバーの動きのうまさを感じています。運動量もあって、パスも正確、クレバーさも感じる大好きな選手です。
    ボランチでプレーした昨季の最終節の東京戦は特に見ていただきたいです。試合を通じて、いてほしいところにいるような、常にプレーに絡んでいた印象でした。

    ちなみに、海外のベスト3も発表していいですか?

    第3位はエバートンのFWドミニク・キャルバート・ルーウィン選手です。187センチと背が高くて、攻守の駆け引きがうまい選手です。
    ヘディングも強く、今季ここまで13得点の決定力も魅力です。

    第2位はドルトムントのMFジョバンニ・レイナ選手。
    私よりも年下の17歳ですが、欧州では珍しい米国人MFで、ボールタッチがおしゃれでドリブルもうまい。
    去年までドルトムントにいた同じ米国人の先輩FWプリシッチの面影も感じます。

    第1位はアストンビラのMFグリーリッシュ選手です。
    チャンスメークができて視野も広く、頭の良さを感じます。決定力もあるので欠点がないんじゃないかと思うほど。彼のミドルシュートからも目が離せません。

    サッカーのことを話していると、時間があっという間にたってしまいますね。
    私も今でもたまに思いっきり走って汗をかきたい!という気持ちになったりもします。

    日向坂46の活動もあり、今はサッカーに触れる機会が少ないかもしれないですが、そんな中でも、いろんな方とサッカーをつなげる橋渡しのような活動をして、
    サッカー界を盛り上げていきたいと思っています。みなさん、これからもよろしくお願いします!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/43fa4d9317cee71e072efd0cf955e573e95cd52e

    私物のアストンビラのユニホームを着た日向坂46の影山優佳

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【芸能】日向坂46影山優佳「いよいよ」Jリーグ再開語った [砂漠のマスカレード★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593051676/


    【『日向坂46』影山優佳、Jリーグと海外の“推し選手”発表!】の続きを読む




    (出典 hustlepress.co.jp)


    金村美玖が30日発売の雑誌「BUBKA」7月・8月合併号の表紙に登場!
    これは買うしか。

    モデルプレス=2020/06/29】日向坂46の金村美玖が、30日発売の雑誌「BUBKA」7月・8月合併号の表紙に登場。浴衣姿で魅了する。

    【写真】金村美玖、美脚チラリ

    ◆金村美玖“夏全開”グラビアで魅せる

    今号では「日向坂46ハッピーサマースペシャル」と題し、真夏の太陽を味方につけて輝き続ける日向坂46の特集を収録。巻頭では、4カ月ぶり2度目の表紙を務めた金村のソログラビアが掲載される。

    高校3年生となった金村は、セーラー服×プールという夏の王道シチュエーションをはじめ、清涼感溢れる「空色」の浴衣姿、そしておうち時間を彷彿させるリラックスしたタンクトップ姿を披露。夏全開のグラビアとなっている。

    ◆小坂菜緒のソログラビア

    また、2019年12月号で表紙を務め、反響を呼んだ小坂菜緒のソログラビアと、東村芽依、河田陽菜の「めいひな姉妹」によるアンコールグラビアも。さらに、いま日向坂46で最も熱いコンテンツメッセージアプリ」の裏側を、富田鈴花と松田好花の「花ちゃんズ」コンビが語り尽くす。

    白間美瑠らも登場

    そして、グラビアでは編集部初のリモート撮影を敢行した白間美瑠NMB48)の水着グラビアをはじめ、5月に発売されたファースト写真集「意外性」がヒットした長月翠(ラストアイドル)の未公開セクシーカット、話題の由良朱合の水着グラビアも公開。

    ほか、プロインタビュアー・吉田豪氏が聞き手となり、私立恵比寿中学BiSHアップアップガールズ(仮)の各運営がポストコロナ時代について語り合うスペシャルリモート座談会など、インタビューページも充実の内容となっている。(modelpress編集部)

    Not Sponsored 記事】

    金村美玖(提供写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『日向坂46』金村美玖、浴衣&セーラー服で“夏全開”グラビア披露】の続きを読む


    6月28日放送のラジオ番組「日向坂46の『ひ』」で佐々木久美と、高本彩花が共演!
    この二人と言えばやっぱり野球!!


    (出典 hiragana46matome.com)




    日向坂46の冠ラジオ番組「日向坂46の『ひ』」(文化放送)の第13回が6月28日に放送され、初回放送以来となるキャプテン佐々木久美と、9回目の放送以来となる高本彩花が登場。今週もリモートスタイルでの収録となった。

    【写真を見る】原辰徳監督に直訴する佐々木久美と高本彩花

    オープニング佐々木久美は「私たちの関係といえば、やっぱり始球式コンビかなと思う」と、高本に語り掛けた。「確かに!」と高本も賛同した。

    続けて佐々木久美は「去年の9月に新潟で行われた巨人対中日戦で、新潟まで行って、始球式やらせていただいたんですよね」と説明。「楽しかったよね」「すごくいい思い出」と、二人は盛り上がった。

    原辰徳監督公認?

    さらに今年2月にも読売ジャイアンツキャンプを行っていた宮崎を二人は訪れ、原辰徳監督、元木大介ヘッドコーチと対面。「日向坂46ファースト写真集 立ち漕ぎ」を手土産に、今年の試合での始球式を直訴していた。

    また、この日のラジオでは、佐々木久美が「お客さんも入れるようになったら、プライベートでも(見に行きましょう)」と語り、アフターコロナについて希望を口にしていた。

    6月19日からひとまず“無観客”でのシーズンが開幕したプロ野球。観客を入れての試合は7月10日から可能なのか、そして日向坂46による今シーズン始球式は実現するのか、期待したいところだ。

    リスナーからは「始球式コンビ」「やっぱり始球式トークになっちゃうのね」「日向坂野球部が廃部になることはしばらく無さそう」「プライベートで野球観戦とか、近くに居たら野球どころじゃない」など、多くの反響が寄せられていた。

    次回の「日向坂46の『ひ』」は7月5日(日)放送。今週に引き続き佐々木久美と、新たに高瀬愛奈が登場する予定。(ザテレビジョン

    「日向坂46の『ひ』」の第13回がOA


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『日向坂46』始球式コンビ、スタジアム生観戦を待ち望む】の続きを読む

    このページのトップヘ